忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/27 01:42 】 |
おらびそうけ
おらびそうけ

 妖怪談義に曰く、肥前東松浦郡の山中にて、おらびかけるとおらび返すとかや。筑後八女郡では山おらびと称すなり。おらぶとは大音聲にて叫ぶ謂なるが、そうけの意は詳らかにせず。山彦は山響きと呼ぶ、別物なり。

 按ニ、川赤子、小豆洗ひのたぐひならんか。

* 原註 山彦は山響きと呼ばれぬ。石燕翁、山彦を幽谷響と書きぬ。又こだまとはこだまするものなり。さあらば山彦は叫ぶものにあらず、響くものなり。おのづから山おらびは山響きと別物ならん。


  『妖怪談義』
  オンライン書店bk1で詳細を見る。
 amazon.co.jp amazon.co.jp で詳細を見る。

PR
【2010/11/11 22:09 】 | 今昔百物語拾遺 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>