忍者ブログ
  • 2017.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/24 06:39 】 |
あかねずみ
あかねずみ

あかねずみ(赤鼠)

 蜀山人が一話一言に曰く。延寶年間、奥州津軽の山頂より海原を見わたせば、おびたゞしく鰯のあつまりしやうに見えたり。漁船をいだして網をひきあぐれば、下腹の白く頭と脊通りは赤き鼠おびたゞしく網にかゝりしを、濱地へひきあげうちころしたり。其の鼠の殘りどもこと\゛/く陸へあがり、或ひは苗代、竹の根を喰ひ、或ひは在家へ入りて五穀をそこばくつひやす事かぎりなし。山中へ入りたる鼠ども、毒草こそありつらめ、一所に五百三百づゝかさなりて死にてありしとかや。



大田南畝「一話一言」『一話一言』(『日本随筆大成』別巻6)
 amazon.co.jp amazon.co.jp で詳細を見る。

PR
【2010/07/23 00:01 】 | 今昔百物語拾遺 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<おらびそうけ | ホーム | 火取魔《ひとりま》>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>